ボニックの使い方 お風呂編

ボニックの使い方 お風呂編では、ボニックをお風呂での使い方や注意することなどをチェックします。
ボニックは防水加工で、充電式のコードレスなのでお風呂で使うことができます。
ボニックのようなEMSマシンを使う際には、肌を出してジェルを塗ったりするので、寒い時期はジェルが冷たかったりして大変ですが、ボニックはお風呂で使えるのでうれしいですね。

 

ボニック

〈ボニックの使い方 お風呂編〉

まず、湯船で十分体を温めましょう。
体が温まったら、タオルで水気を軽く拭き取って、ボニックを使う部分にボニックジェルを塗ります。
ボニックのモードとパワーを選択して、ボニックを気になる部分にあてていきます。
終わったら、肌に残ったボニックジェルをマッサージするように肌になじませましょう。

 

ボニック本体は、使用時に付いたジェルを洗い流して乾かしておきましょう。
お風呂で使うと、その場で洗い流すことができるので便利ですね。
お風呂でボニックを使うと、体が温まっているので代謝がよくなって、より効果的です。

 

ボニックをお風呂で使う時に注意することですが、ボニックは湯船の中では使うことができません。
ボニックは防水加工されていますが、水の中につけて使うことはできないそうで、水の中で使うと超音波が散らばって効果がうすれてしまうそうなのでやめましょう。