ボニックの使い方 二の腕編

ボニックの使い方 二の腕編ですが、ボニックを二の腕に使う際の効果的な使い方についてチェックします。 ボニックで二の腕痩せを目指すには、ボニックの使い方のコツを抑えることで効果が期待できます。 二の腕痩せにボニックを使う時のコツは、リンパの流れに沿うことです。
リンパは体の老廃物を排出する役割をもっていますが、リンパの流れが滞ると、体がむくみやすくなったり、脂肪がたまったりします。
ですので、ボニックでリンパの流れに沿ってマッサージをすることで、リンパの流れがよくなり、体のむくみや脂肪が排出されます。 二の腕のリンパの流れを良くするには、二の腕の付け根にある腋窩リンパ節からリンパの流れに沿ってマッサージすることです。

 

ボニックで二の腕痩せをするための使い方は、まず鎖骨リンパ節をマッサージします。 左の鎖骨の上にあるくぼみから、指2本で鎖骨をなぞるように軽くマッサージします。
次に、腋窩リンパ節をマッサージします。 腋窩リンパ節は、腋の下にあるゴリゴリと感触がある部分で、ここにボニックをあてていきます。
超音波モードで出力レベルは弱めで30秒くらい行いましょう。 そして、腋から手の先に向かって、二の腕全体を超音波モードでクルクル回しながらあてていきます。
その後、EMSモードで二の腕全体をクルクル回しながらボニックをあてていきます。
これらのマッサージを両腕に行いましょう。