ボニックは痛い?

「ボニックは痛い」という口コミを見かけますが、ボニックは痛いのか?
痛いと続けにくいかもしれないので、気になるところですね。。。 ボニックは痛いというのは、EMSモードで使用した場合に感じるようです。
EMSとはElectrical Muscle Stimulationの略で、筋肉を電気の刺激によって収縮させるものです。 つまり、EMSは直接筋肉に電気を流すので、痛いと感じるわけです。
EMSのピリピリとする感じが痛いと思う人もいれば、心地よいと感じる人もいます。
ボニックは、EMSモード・超音波モードとも、3段階の出力切替なので、痛いと感じたら出力を替えてみるといいでしょう。
また、初めは痛くても使っているうちに慣れる人もいます。
EMSが痛いと感じたら、とりあえず超音波モードだけを使う。。。といった使い方もできます。 ボニックのEMSは、1分間に1,800回の刺激を与え、身体を引き締めます。痛いというのはEMSモードを使用する場合で、超音波モードでは痛みもなく、5分間あてるだけです。
ボニックは毎日続けることが大切なので、細くなった後の自分をイメージしながら使うと続けやすくなります。

 

ボニック

 

>>ボニック 公式HP